退職代行サービス

【おすすめ】退職代行はどこがいい?おすすめ弁護士・業者ランキング10選

【おすすめ】退職代行はどこがいい?おすすめ弁護士・業者ランキング10選

退職代行を検討しているけれど、どこに依頼をしてよいのか迷っていませんか?

また、退職代行を本当に使って大丈夫なのかメリットやデメリットが気になる方も多いと思います。

 

そこで本記事では、退職代行のメリット・デメリットと退職代行のおすすめ業者(弁護士)を解説します。

makiko
退職代行の利用を検討している方は、参考にしてみてください。!

退職代行とは?

退職代行とは?

退職代行とは、労働者本人に代わって退職手続きを代行するサービスのことです。

 

  • 退職の意思を伝えたけれど、引き止めにあっている
  • 退職したいと言い出せない
  • 退職願を出したら、脅迫やパワハラを受けるようになった

 

こんなふうに、自力で退職するのが難しい状況にいる方のためのサービスです。

現在、慰留ハラスメントやブラック企業が問題となっていることもあり、日に日に退職代行の利用者が増えています。

 

慰留ハラスメントとは…退職の意思を示した従業員に対して、過度な引き止めを行うこと。

 

そもそも、退職は労働者に認められた権利であり、過度な引き止めは違法行為になります。

1人ではどうしようもない状況から救ってくれるのが、退職代行と言えるでしょう。

makiko
退職代行なら、上司と顔を合わさずに退職できます!

退職代行はこんな人におすすめ!

退職代行はこんな人におすすめ!

退職代行は、以下のような方におすすめします。

makiko
いずれかに当てはまる方は、利用を検討してみてください。

 

  • ブラック企業に勤めている方
  • 退職することを会社から拒否されている方
  • パワハラが横行している職場に勤めている方
  • 職場に退職を言い出せない雰囲気が流れている方
  • 職場で過度なストレスを感じている方

 

退職は労働者の権利ですが、会社によってはスムーズに退職するのが難しいケースもあります。

1人で解決するのが難しそうな場合は、無理せず退職のプロへ相談しましょう。

退職代行のメリット

退職代行を利用する方が増えているのは、それだけメリットが多いから。

ここでは、退職代行のメリットを4つ紹介します。

 

退職代行4つのメリット

  • 即日退職できる
  • 会社や上司に会う必要がない
  • 確実に辞めることができる
  • 退職に要する時間コストを削減できる

 

退職代行のメリット①:即日退職できる

退職代行を利用すれば、即日で退職できます。

「今日、会社に行きたくない…」と思った時点で依頼さえしてしまえば、もう出勤する必要はなくなるのです。

晴れて自由の身となり、自分の人生を次のステップへと進めることができるでしょう。

 

makiko
驚くほど、あっさりと退職できますよ。

退職代行のメリット②:会社や上司に会う必要がない

退職に際して一番高いハードルは、上司や会社に直接告げることではないでしょうか。

退職代行は、退職にかかわる連絡や手続きを代行してくれるため、自分が会社に行ったり、上司に会ったりする必要がなくなります。

退職を引き止められることも、説教されることもないのです。

 

makiko
最もストレスがかかる部分を代行してくれるので、精神的にも落ち着くでしょう。

退職代行のメリット③:確実に辞めることができる

多くの退職代行は、退職率100%を誇っています。

退職代行に依頼して、失敗する可能性は限りなく低いと思って良いでしょう。

会社の就業規則に「退職の場合は2週間以上前に連絡すること」と書かれていたとしても、期間に関係なく確実に辞めることができます。

 

makiko
業務の引き継ぎをする必要もありません!

退職代行のメリット④:退職に要する時間コストを削減できる

退職に際しては、自分の時間を使うことも多いでしょう。

 

  • 上司や人事部への連絡
  • 退職に関わる書類手続き
  • 退職の引き止めを断る時間

 

退職代行では、すべての手続きをどう進めていくべきか指示してもらえるため、退職に際してかける時間コストが削減されます。

書類自体を書くのは自分ですが、わかりやすくまとめて教えてもらえるので安心です。

makiko
空いた時間を有意義に使うことができるでしょう。

退職代行のデメリット

メリットの多い退職代行ですが、人によってはデメリットと感じる部分もあるかもしれません。

ここでは、退職代行のデメリットを2つ紹介します。

 

退職代行のデメリット

  • 退職するのにお金がかかる
  • 辞めグセがつく可能性がある

 

退職代行のデメリット①:退職するのにお金がかかる

本来、自分で退職をするならお金はかかりません。

しかし当然ですが、退職代行を利用すればお金がかかります。

料金は決して高額ではありませんが、「退職するのにお金をかけたくない」という方にとってはデメリットとなり得るでしょう。

 

ただし、中には退職代行に依頼することでお金がプラスになることもあります。

というのも、弁護士所属の退職代行なら、会社に対して以下のような請求ができるから。

 

  • 退職金の請求
  • 残業代の交渉
  • 未払い給与の請求
  • 有給休暇の取得

 

これまでたくさんのサービス残業をしてきた方や、有給をあまりとらなかった方は、退職代行の費用を支払っても、むしろプラスになる可能性があります。

makiko
自分で退職した場合には交渉が難しいことまで、法律に基づいて請求できます!

退職代行のデメリット②:辞めグセがつく可能性がある

退職代行に依頼すると、退職するにあたってのストレスがまったくかかりません。

そのため、退職することに対して慣れてしまい、辞めグセがついてしまう可能性も考えられるでしょう。

makiko
退職代行は、それだけスムーズに辞められるということです。

 

辞めグセをつけないためにも、転職する際には自分の希望や条件を明確にして、ストレスの少なそうな職場を選ぶことが大切です。

退職代行を利用する際に起こり得る3つのリスク

退職代行を利用する際に起こり得る3つのリスク

退職代行を利用する際には、一定のリスクが発生する場合があります。

どのようなリスクがあるのか把握した上で、できるだけリスクを回避できるように見極めましょう。

 

退職代行を利用する際に起こり得る3つのリスク

  • 非弁行為に該当するリスク
  • 会社から損害賠償を請求されるリスク
  • 悪質な退職代行業者に依頼してしまうリスク

 

非弁行為に該当するリスク

退職代行に対してよく言われることの一つに、「退職代行は違法行為ではないのか?」というものがあります。

これは、弁護士以外の人が会社に具体的な交渉をすると「非弁行為」になってしまうことが由来です。

 

非弁行為とは…弁護士資格を持たない者が、会社に対して未払い給与の請求のような具体的な交渉を行うと、違法行為になってしまうこと。

 

そのため退職代行では、「労働者の代わりに退職する旨を伝えること」が基本的なサービスとなり、踏み込んだ交渉までをすることはできません。

しかし、弁護士が対応する退職代行であれば、「未払い給与の請求」や「退職金の交渉」「有給休暇分の支払い交渉」など、具体的な交渉を行うことができます。

makiko
違法性のある退職代行に依頼するのは避けましょう。

会社から損害賠償を請求されるリスク

企業の中には、退職代行を使って急に辞められたことに腹を立て、退職者に「嫌がらせで損害賠償を請求しよう」と考える人もいます。

また、急に辞められたことによって会社に損害が出た結果、「退職者に損害賠償を請求しよう」と考える人がいる可能性もあるでしょう。

 

しかし結論から言うと、このようなリスクは限りなく低いのが事実です。

というのも、訴訟を起こすには具体的な事実や事前準備、弁護士への依頼など、膨大な時間とお金のコストがかかるため。

企業にとっても、そこまでのお金と時間を使って退職者を責めるのは、デメリットの方が大きいのです。

 

基本的には、損害賠償を請求されるリスクは非常に低いですが、ゼロではないことを覚えておきましょう。

makiko
損害賠償を請求されるのが心配なら、弁護士対応の退職代行がおすすめです。

悪質な退職代行業者に依頼してしまうリスク

退職代行業者の中には、悪質な業者もいます。

 

  • 退職の成功率が低い
  • めちゃくちゃな辞め方をさせる
  • お金だけ回収して何もしない

 

このような業者に依頼してしまうと、状況はさらにひどくなります。

良し悪しを見極め、優良業者に依頼しましょう。

makiko
当サイトでおすすめしている退職代行は、すべて優良業者なのでご安心ください。

【即日退社OK】退職代行の利用流れ

退職代行の利用ステップ

ここでは、退職代行の一般的な流れを紹介します。

退職代行によって多少の違いはありますが、おおよその流れは下記のとおりです。

 

退職代行の利用流れ

  1. 無料相談
  2. 具体的な打ち合わせ
  3. 支払い
  4. 退職代行開始
  5. 退職完了
  6. 退職後の手続きやアフターサポート

 

<ステップ1>無料相談

まずは、LINEやメール、電話にて問い合わせをします。

フォームが用意されているときは、それにしたがって相談内容を記載しましょう。

相談時には、退職代行を利用することが確定していなくても問題ありません。

「会社に行くのがつらくて悩んでいる」という状態でも、何かのアドバイスをもらえる可能性があります。

<ステップ2>具体的な打ち合わせ

相談をして「依頼したい」と感じたら、具体的な打ち合わせに進んでいきます。

退職スケジュールや希望を伝え、相違がないように確認しましょう。

<ステップ3>支払い

退職代行の内容に納得できれば、支払いをします。

支払い方法は、退職代行業者によって異なりますが、銀行振り込みやクレジットカード決済などがあります。

<ステップ4>退職代行開始

支払いが確認できた時点で、退職代行がスタートとなります。

依頼者の希望に沿って退職手続きが進められるので、連絡を待つのみです。

<ステップ5>退職完了

退職完了後、「退職が完了しました」と連絡が入ります。

もう、会社へ行く必要は一切ありません。

<ステップ6>退職後の手続きやアフターサポート

退職完了後は、離職票や会社への返却物などの手続きを行います。

退職代行業者より指示をもらえるので、それにしたがって進めていきましょう。

また、業者によっては「転職サポート」のようなアフターサポートがあるところもあります。

退職代行おすすめランキング

1位:弁護士法人みやび

弁護士法人みやびの概要

弁護士法人みやびは弁護士による退職代行サービスのため、有給休暇の取得・未払い分給与・未払い残業代・退職金の請求に関する交渉を行ってもらえます。

実績も豊富でメディアへの掲載実績も多数あるため、安心して退職代行をお願いできます。

 

サービス名 弁護士法人みやびの退職代行サービス
運営会社 弁護士法人みやび
利用料金 着手金:55,000円(税込)

オプション費用:回収金額の20%(残業代・退職金請求など)

支払い方法 銀行振り込み
連絡方法 LINE、メール、電話
無料相談 あり
公式サイト https://www.miyabi-law.jp/

弁護士法人みやびの公式ページ

詳細記事:弁護士法人みやびの評判・口コミを調査!退職代行におすすめ?

辞めるんです

辞めるんですの概要

業界初の後払いシステムを導入!

辞めるんですは退職代行の依頼費用を退職完了後に後払いすることが可能です。

依頼費用自体も安めなので、金銭面に不安のある方に特におすすめの退職代行サービスです。

サービス名 辞めるんです
運営会社 LENIS Entertainment株式会社
利用料金 27,000円(税込)
支払い方法 クレジットカード、銀行振り込み
連絡方法 LINE、メール、電話
無料相談 あり
公式サイト https://yamerundesu.com/

辞めるんですの公式ページ

詳細記事:辞めるんですの評判・口コミを調査!退職代行におすすめ?

3位:退職代行ニコイチ

退職代行ニコイチの概要

対応スピードが早い!老舗の退職代行サービス!

退職退行ニコイチは2004年創業の退職代行の対応歴が長いサービスです。

転職サポートなどのアフターサービスも充実しています。

サービス名 退職代行ニコイチ
運営会社 株式会社ニコイチ
利用料金 27,000円(税込)
支払い方法 銀行振り込み、クレジットカード、電子マネー
連絡方法 メール、電話、LINE
無料相談 あり
公式サイト https://www.g-j.jp/lp04/

退職代行ニコイチの公式ページ

詳細記事:退職代行ニコイチは違法業者?利用者の評判・口コミを調査

4位:退職代行Jobs(ジョブス)

退職代行Jobsは顧問弁護士指導による退職代行を行っており、労働組合とも提携しています。

業務指導を行う顧問弁護士の名前や写真が公式サイトに掲載されているので安心感があり、新聞などメディアへの掲載実績も多数あります。

サービス名 退職代行Jobs
運営会社 株式会社アレス
利用料金 安心パックプラン(退職代行+労働組合):29,000円(税込)
支払い方法 クレジットカード、コンビニ決済、現金翌月払い(paidy)、銀行振り込み
連絡方法 LINE、メール、電話
無料相談 あり
公式サイト https://jobs1.jp/

退職代行Jobsの公式ページ

詳細記事:退職代行Jobs(ジョブス)の評判・口コミを調査!利用者の感想はどう?

5位:男の退職代行

男の退職代行の概要

男の退職代行は、合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」が運営する男性向けの退職代行サービスになります。

労働組合が運営しているので、民間の退職代行に加えて退職時の条件交渉も依頼しやすいのが特徴です。

 

また、男の退職代行は、JRAA(日本退職代行協会)から優良退職代行サービス事業者の認定である「特級認定」を取得しています。

業界団体の厳しい審査をクリアしているので、高品質のサービス提供に定評があります。

サービス名 男の退職代行
運営会社 合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」
利用料金 アルバイト・パート:19,800円(税込)
正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など:26,800円(税込)
ヤメホー(サブスク退職):月額3,630円(税込)1年間に2回まで退職代行サービス利用可
支払い方法 銀行振込、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、ペイパル、コンビニ決済、楽天ペイ、キャリア決済、翌月後払い、コンビニ後払い
連絡方法 LINE、メール、電話
無料相談 あり
公式サイト https://taishoku.to-next.jp/otoko/

男の退職代行の公式ページ

詳細記事:男の退職代行の評判・口コミはどう?5chやYahoo!知恵袋を調査

6位:東京駅前総合法律事務所

詳細記事:東京駅前総合法律事務所は退職代行におすすめ?評判・口コミを調査

7位:退職代行ネルサポ

詳細記事:退職代行ネルサポの評判・口コミを調査!退職代行におすすめ?

8位:弁護士法人川越みずほ法律会計

詳細記事:弁護士法人川越みずほ法律会計の評判・口コミを調査!退職代行におすすめ?

9位:アディーレ法律事務所

詳細記事:アディーレ法律事務所は退職代行におすすめ?評判・口コミを調査

10位:弁護士法人フォーゲル綜合法律事務所

詳細記事:弁護士法人フォーゲル綜合法律事務所の退職代行の評判・口コミ

 

仕事がつらいなら退職代行を検討しましょう

仕事がつらいなら退職代行を検討しましょう

本記事では、退職代行のメリット・デメリットや利用ステップを解説しました。

退職代行は、自分で退職するのが難しい状況を助けてくれる存在です。

makiko
デメリットやリスクも把握した上で、利用しましょう。

 

仕事がつらいなら、1人で悩んでいても解決することはできません。

まずは退職のプロに相談してみませんか?

退職代行サービスのおすすめ3選

弁護士法人みやび

弁護士による安心対応!

弁護士法人みやびは弁護士による退職代行サービスのため、有給休暇の取得・未払い分給与・
未払い残業代・退職金の請求に関する交渉を行ってもらえます。

実績も豊富でメディアへの掲載実績も多数あるため、安心して退職代行をお願いできます。

辞めるんです

業界初の後払いシステムを導入!

辞めるんですは退職代行の依頼費用を退職完了後に後払いすることが可能です。

依頼費用自体も安めなので、金銭面に不安のある方に特におすすめの退職代行サービスです。

退職代行ニコイチ

対応スピードが早い!老舗の退職代行サービス!

退職退行ニコイチは2004年創業の退職代行の対応歴が長いサービスです。

転職サポートなどのアフターサービスも充実しています。

-退職代行サービス